不動産の権利書を紛失したら・・・

不動産の権利書は不動産を所有されている方にとって大切なものです。

権利書は、所有の不動産を売ったり、贈与したりするとき(所有権移転登記)や借入されて所有の不動産を担保にするとき(抵当権設定登記)などの登記申請をするときに必要になります。

権利書は失くされても紛失、盗難、焼失いかなる理由においても再発行はできません。

ではその権利書を紛失すると不動産を売却したり、担保に入れたりする手続きはできなくなるのでしょうか?

そんなことはなく権利書がなくても、いくつかの方法により手続きはできるので大丈夫です。

そのうちの1つの方法として、手続きをする司法書士が不動産の所有者さん本人を確認し、本人確認情報というのものを作成して登記申請をするという方法があります。
(本人確認情報作成には運転免許証やパスポートなど本人確認の書類と司法書士の報酬がかかります)

ちなみに権利書を紛失して、それを拾った誰かが権利書だけを使って勝手に名義を変えたり、担保に入れたりすることはできませんが
ご実印や印鑑カードも一緒に見当たらない場合はすぐに改印届をして登記事項証明書を所得して現在の状況を確認された方がいいと思います。

また、現在の登記識別情報(記事→『登記識別情報とは』)をお持ちの方は、登記識別情報通知書を紛失された場合や勝手にシールがめくられてた場合などに登記識別情報の失効させる手続きをすることもできます。
ちなみにこの場合も登記識別情報の再発行はされません。