登記識別情報とは

不動産を取得し、名義変更の登記を法務局で手続きして登記が完了すると
現在は登記識別情報というものが通知されます。

従来は登記済証というものが交付されていたのですが
(よくドラマとかで見るいわゆる不動産の「権利書」が登記済証です)
平成17年ごろからオンライン指定庁となった法務局から順次
「登記済証」は交付されなくなり、かわりに「登記識別情報が」通知されています。

この登記識別情報は12桁の英数字でできており、
不動産を売却したり、不動産を担保として借入をするときに抵当権をつけるときなどに
不動産の所有権登記名義人であることを証明するものの1つとして法務局に申請する際に
提供するものです。

登記識別情報である12桁の英数字は目隠しシールによって保護されていますが
(A4の登記識別情報通知の下の方に緑のシールが貼ってあります)
このシールをめくられて、コピーをとられたり、写真を撮られたりしたら
従来の権利書(登記済証)を盗まれたのと同じことになります。

ですのでこのシールはめくらないで大切に保管されることをお勧めします。

ちなみに今お持ちになってる不動産の権利書(登記済証)はそのまま有効な権利書ですので
不動産を売却したり、不動産を担保として借入をするときに抵当権をつけるときなどに
必要となるものですのでそのまま大切に保管して下さい。