不動産取引の立会い

司法書士の仕事の一つに
土地や建物を売ったり、買ったりしたときの
立会い業務というのがあります。

例えばお家をご購入されるときの流れは通常下記のようになります。
1.売買契約をして手付金を支払う
2.住宅ローンを組む時は、融資の申し込み
3.残代金の支払い

上記3の代金を支払うときのことを不動産取引又は決済といいます。

不動産取引は住宅ローンの融資をする銀行で行われることが多く
買主さん、売主さん、仲介業者さんが集まってします。
このときに司法書士もこの場に立会いをします。

売買契約書には買主さんが売主さんに残代金を支払ったときに
所有権が移転するという特約がついてることがほとんどです。
そこで残代金を支払って所有権が移転したら
法務局に不動産の所有権者が変わりましたよという所有権移転登記を申請します。
※この所有権移転登記をすることにより不動産の権利書が出来上がってきます。

また住宅ローンがあるときは銀行は購入した土地や建物を担保にとり
抵当権設定登記というものを申請します。
他にも売主さんの住所の変更があったら住所変更登記を
現在抵当権がついてたらその抹消登記を申請します。

登記申請をしないで放置しているうちに購入した土地や家が他の第3者の名義になっていたり、
所有権の名義変更はしたが抵当権がついたままだったということがあっては大変です。

そこで登記の専門家である司法書士が不動産取引の安全な完了のために現場に立会い
売主さんと買主さん本人を確認し、
物件を確認し、
売買の意思を確認し、
登記申請書類が全てそろってるかが確認できてから
融資の実行や残代金の支払いを行って頂きます。

取引終了後、司法書士が法務局にてその日のうちに登記申請を致します。
※不動産の権利書は取引の日からだいたい1週間くらいで出来上がってきます。

ちなみにこの不動産取引の立会いをする司法書士は誰が決めるのでしょう?
特に言わなければ、不動産業者さんや銀行が紹介する司法書士になります。

通常は、買主さんの依頼した司法書士が全ての手続きをするのですが
京都では買主さんは買い側の司法書士、売主さんは売り側の司法書士というように
2人の司法書士が立会い協力して登記申請をするという独特の風習があります。

司法書士への登記費用は、買主さん、売主さんが支払います。
なのでご自身で司法書士を決めることもできます。
※マンションを購入されるときなどは指定された司法書士でないとダメな場合もあります。

特に買主さんにとっては不動産の購入というのは大きな買い物なので
ご自身で納得のいく司法書士を選ぶのもいいと思います。

不動産を売買する際の登記手続きついての
費用のことやその他ご質問ありましたら
当事務所までお気軽にお問い合わせください。

いしかわ司法書士事務所
司法書士 石川 俊智
京都市上京区中立売通堀川西入役人町252番地
ジュネスイン堀川401号
TEL:075-406-1446
(営業時間:9時 ~ 19時 定休日:土・日・祝)
メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
下記お問い合わせフォームからお問い合わせください。
http://kyoto-ishikawa.info/contact

いしかわ司法書士事務所ホームページ
http://ishikawashihoshoshi.com/