農地の売買

農地を売買して所有権を移転するためには農地法所定の許可又は届出が必要になります。

農地法所定の許可又は届出が無くで売買契約を締結しても、所有権移転の効力は生じません。
なので、農地を売買したときの不動産の名義変更手続き(=所有権移転登記の手続き)にも農地法所定の許可書又は届出書を添付する必要があります。

この農地法所定の許可又は届出は売買だけではなく贈与や特定遺贈により不動産を取得する際にも必要になりますが相続や包括遺贈により農地を取得する場合には農地法所定の許可又は届出は必要ありません。

不動産の売買・贈与・相続等による名義変更手続き(所有権移転登記)についての
ご相談は無料でお受け致します。お気軽に当事務所までお問い合わせ下さい。

いしかわ司法書士事務所
司法書士 石川 俊智
京都市上京区中立売通堀川西入役人町252番地
ジュネスイン堀川401号
TEL:075-406-1446
(営業時間:9時 ~ 19時 定休日:土・日・祝)

メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
下記お問い合わせフォームからお問い合わせください。
http://kyoto-ishikawa.info/contact

いしかわ司法書士事務所ホームページ
http://ishikawashihoshoshi.com/