アルファベット(ローマ字)での登記の可否

登記でアルファベット(ローマ字)を使えるかどうかをまとめてみました。

【商業登記】
商号:ローマ字を使用することができます。

取締役等の役員の名前:ローマ字で名義をいれることはできません。
(外国の方が役員になられた場合は、カタカナで登記をすることになります)

会社の所在地や役員の住所:マンション・ビル名などにローマ字が使われている場合はそのまま使用することができます。

【不動産登記】
個人の名前:ローマ字で名義をいれることはできません。
(外国の方が不動産を購入された場合などは、カタカナで登記をすることになります)

会社の商号:商号にローマ字を使用することができるので使用することができます。

住所や本店所在地:マンション・ビル名などにローマ字が使われている場合はそのまま使用することができます。

商業登記、不動産登記ともに個人の名前をアルファベット(ローマ字)で登記することはできず、
例えばGeorgeさんは「ジョージ」と登記することになります。

ちなみに中国の方などお名前が漢字の場合に、その感じが日本でも使われてる漢字の場合にはそのまま登記することができます。

登記に関するご相談は無料で承ります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

いしかわ司法書士事務所
司法書士 石川 俊智
京都市上京区中立売通堀川西入役人町252番地
ジュネスイン堀川401号
TEL:075-406-1446
(営業時間:9時 ~ 19時 定休日:土・日・祝)
メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
下記お問い合わせフォームからお問い合わせください。
http://kyoto-ishikawa.info/contact

いしかわ司法書士事務所ホームページ
http://ishikawashihoshoshi.com/