亡くなれた方の遺言書を発見されたら

亡くなれた方の遺言書を発見されたら、まずはその遺言書の書類を確認して下さい。

その遺言書が公正証書遺言でなく、
自筆証書遺言や秘密証書遺言であるときには
遺言書を発見した相続人の方は、速やかに家庭裁判所で遺言書の検認の手続きをする必要があります。

遺言書の検認は、相続人に遺言書の存在を知らせるためと
遺言書の偽造・変造等を防ぐためにする手続きです。
※遺言書の有効や無効を判断するものではありません。

また、遺言書が封筒に入っていてその封筒のとじ目に印鑑が押してある(=封印がある)ときは
勝手に開封してはなりません。
遺言書の検認の手続きのなかで家庭裁判所で開封しなければなりません。

もしも遺言書の検認の手続きをしないで遺言書の内容を執行したり、
封印のある遺言書を家庭裁判所以外で開封した場合は
5万円以下の過料に処せられることもあるので注意してください。

すなわち自筆証書遺言と秘密証書遺言は家庭裁判所の検認の手続きが終わったあとに
遺言書の内容を実行できるということになります。

公正証書遺言は、公証人が作成した公文書なので家庭裁判所の検認を受けずに
遺言書の内容を実現することができます。

もしもご自宅等で亡くなられた方の遺言書が見つかったけどよくわからないというときには、
お気軽にお問い合わせ下さい。

いしかわ司法書士事務所
司法書士 石川 俊智
京都市上京区中立売通堀川西入役人町252番地
ジュネスイン堀川401号
TEL:075-406-1446
(営業時間:9時 ~ 19時 定休日:土・日・祝)
メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
下記お問い合わせフォームからお問い合わせください。
http://kyoto-ishikawa.info/contact

いしかわ司法書士事務所ホームページ
http://ishikawashihoshoshi.com/